医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2019/03/20

7対1で単価が低い病院は要注意

今朝、CBnewsに掲載いただいた記事は、やや強引な分析。

急性期の低単価病院は利益率が低い!? - CBnewsマネジメント 急性期の低単価病院は利益率が低い!? - CBnewsマネジメント
病床機能報告のデータを使って収益性を評価するという、妥当性に疑問符のつく内容。(とは言っても、これまでの分析結果などからある程度妥当だと思っているので記事に書いている。でたらめではない)

収入最大化を目指すのであれば、看護配置は「手厚くする」のが答えだろう。ただ、利益最大化を目指すのであれば、最適な配置や最適な診療内容があるのでは?というのが記事の主旨だ。

単価次第では人件費率が重荷になり、利益率が下がることを示唆している分析結果を載せた。そしたら、ちょうど良いタイミングで、昨日、WAMの17年度調査の結果についてCBnewsに記事が掲載されていた。


この記事にある7対1病院の病床規模別の表から、規模別の平均単価、利益率を計算すると、低単価では利益率がマイナス、高単価ではプラスになっていた(自分が示した結果と似た傾向!!!)。

自分の記事のタイトルに「!?」をつけたのは、言い切る自信がなかったからだ。でもWAMの記事を読んで、まったくの見当違いの内容ではなさそうでほっとした。

2019/03/19

個人的な印象の域を出なかった事象が明確になった

「保険者別の後発医薬品の使用割合」が下記に公表されている。
これまでマクロなデータがなかったために個人的印象の域を出なかったことだが、はっきりとした。医療関係、製薬関係がジェネリック率が低いと2015年9月に言及していた。


ちなみに、冒頭の厚労省のデータでざっくり確認したところ、企業健保では、ジェネリック率の下位20健保のうち17健保が医療・製薬関係。下位50健保では35健保が医療・製薬関係だった。自分の想像は間違っていなかったようだ。

さらに後発医薬品使用割合と所得の関係を見たのは下記の記事。よろしければあわせてどうぞ。
後発医薬品使用割合と所得の関係 - 株式会社メディチュア Blog

2019/03/14

生産性向上が問われる看護業務

今日の日経産業新聞、医療・介護最前線に福井大学医学部附属病院のPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)の話題が載っていた。興味深かったのは最後の段落。考え方を広げているらしい。
2011年の本格導入から8年、最近は看護師以外にPNSの考え方を広げている。看護助手や放射線技師とペアを組み、患者の情報やアレルギーに関わる知見を共有しながら医療行為に当たることで患者の負担軽減やミス防止に役立てている。
今後、診療報酬は、看護師の人数が問われるのではなく、より中身が問われる。このようなことを念頭に置くならば、このような生産性向上に対する取り組みは、間違いなく重要性が高まる(質の維持・向上は大前提)。飯塚病院のセル看護方式(セル看護が医療現場を救う 患者本位のカイゼン型経営 | 麻生 泰 |Amazon)など、要注目だ。

ちなみに、個人的には、このような取り組みをしている病院の看護配置の状況を確認して、他と差異はないかチェックするのが趣味だ。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...