医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2018/07/20

リスク予測から備える戦略が見えてくる

病床利用率のシミュレーションの続き。今週は救急搬送のモデリングを試行中。救急搬送についてはオープンデータが少なく、モデリングの参考として使えるものがなかなか無い。(月別の救急車の出動件数などはあるが、入院につながったかどうか判断できない)

実際の個別の病院データを用いて・・・ということもできなくはないが、個別の事情の影響が大きく、一般性に乏しくなってしまう。予定入院のようにきれいにモデリングするのは難しそうだ(年始に考えていたモデルはもっと複雑だったのに、現時点ではシンプルなものになっている・・・。残念)。

その試行中のモデルで試算したのが、下の結果。予定入院と予定外入院が1:1くらいの病院を想定してパラメータを設定し試算している。都合11回試算している。予定入院の部分があるのであまりブレがない月もあるのだが、毎年8月9月はブレが生じている(ある程度ブレが生じることを期待している。試行回数を増やすことでブレ幅の評価をしたいので)。
市中病院モデル(まだ試行中)
目的は将来のリスクを予測することで、それに備えることで経営の安定化を図ることだ。これは15年ほど前に、業種の違うクライアントで行っていた業務と同じ・・・というか、その経験があるので、どうしてもそういった方向になってしまう。良く言えば、過去の経験を活かしている。悪く言えば、過去に囚われ、新しい発想ができない。

色々業務が滞っているので、このシミュレーションの続きは、夏休みの宿題だ。

2018/07/18

3連休に10連休のことを考えていた

昨日ブログ記事の種明かし。病床利用率のシミュレーションで考慮したか否かの「ある条件」とは、新天皇即位の10連休のこと。CBnewsに掲載いただいた記事では、なぜそんな考慮をしたのかという理由も含め、述べたつもりだ。

「夏枯れ」対策、天皇即位に伴う“10連休”にも留意を - CBnewsマネジメント 「夏枯れ」対策、天皇即位に伴う“10連休”にも留意を - CBnewsマネジメント

過去の執筆記事はこちら ⇒Reports | 株式会社メディチュア

2018/07/17

病床利用率の将来推移予測モデルを作ってみた

先週、病床利用率を日次で予測するモデルを作っていた。公開データなどを学習させ、モデルの精度を上げた。そのモデルである病院の利用率推移を予測したのが、下のグラフ。2019年の夏まで予測している。
ある病院の病床利用率シミュレーション
(ケース1:条件考慮 ケース2:条件非考慮)

このモデリングにおいて、予測した明日の利用率は実業務で使用できるレベルではない。そもそも、はなからそのようなことは期待していない。このモデルは、病床マネジメント手法を変えた場合に、長期的にどのような影響が及ぶか検証するためのものだ。

上のグラフでケース1とケース2の比較をしているのは「ある条件」を考慮する/考慮しないを検証したものだ。ある月、唐突にケース1とケース2で利用率が10%近く差異が生じる。予測できる課題のインパクトをあらかじめ把握する、対処を検討する。そういった目的で、このモデルを作った。さらに、予測される課題に対しケース3やケース4として何らかの備えを講じたものをシミュレーションしても良いだろう。今後、このモデルを使って、何らかの価値が生み出せないか、考えてみたい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...