医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2012/11/05

活動量計 fitbit、パナソニック、オムロンの比較


左から、Panasonic EW-NK63、 fitbit ultra、 オムロン HJA-311

3つの機能的な違いはほとんどない。歩数がわかる、カロリーがわかる、といったレベルでは、ほとんど一緒。ただ、買って使ってみないと分からない違いがあるため、何かしら参考になれば・・・。


Panasonic EW-NK63 fitbit ultra オムロン HJA-311
機能
睡眠計測機能があり、他機種に比べ、優位
ハード(大きさ、軽さ) ×
クリップが大きく、ポケットには適さない
データ転送
おさいふケータイ・NFC以外の手段なし
機器の設定 ×
本体の少ないボタンで設定する必要あり

PCでの初期設定で完了


PCでの初期設定で完了
ユーザー登録 ×
パナソニックのユーザー登録とアプリの登録がそれぞれ必要。住所等の個人情報が要求される。規約への同意を何回も求められる。
オフィシャルアプリ ×
日本では携帯アプリが使えない

有料版のweb機能も含めた評価
価格
(自分の購入価格)

3,387円
×
9,200円

2,950円
価格
(amazon.co.jp)

4,400円
×
8,150円

2,980円
総合評価 ×

今回評価しなかった、オフィシャルなもの以外のアプリケーションや、体重計との連携については、また、機会があれば。

活動量計を身につけていると、動かなかった日は少しだけ反省するし、たくさん動いた日は少しだけうれしくなる。単純だが、健康増進に役立っている気がする。
自分の身体のことを記録していくことは、健康に対する意識を高めることに有用である。いかに継続していくかという観点で、楽で、楽しいものを選ぶことは、案外、重要なことなのかもしれない。

以下、それぞれの評価事由のメモ(amazonなどへのリンクもあります)、参考までに。




■睡眠計測モード
fitbit ultraだけについている機能。この機能に特化した製品もあるが、活動量計についているのは少ない。fitbitのアドバンテージ。

■ハード
大きさは微妙に異なり、パナソニック>オムロン>fitbitの順。特に形状がストレートでないパナソニックは大きく感じる。また、クリップの付いているパナソニックとクリップ型のfitbitは様々なところに挟めるが、オムロンはつるっとした形なので、どこかに挟むときはストラップを付けたりする必要がある。個人的センスでは、パナソニックのクリップは一昔前の歩数計のようでダサいと思う

■データ転送
fitbitはUSBドングル経由。確実だが、PCが必須。データは一気にネットワーク上までアップされる。なお、ドングルと活動量計は接続されていなくても、そばに居るだけでよい。もちろんドングルにカチッと嵌めれば、より確実。 オムロンとパナソニックはNFCでandroidのスマートフォンやおサイフケータイで通信できる。NFCの感度はパナソニックの方が良好(どちらもgoogle nexus7を利用) セットアップ 3つを比較すると、パナソニックが圧倒的に面倒くさい。機器の設定、ウェブ上のユーザー登録、何もかもが手間がかかる。ちなみにオムロンは別売りでUSB通信トレイ(ドングル)がある。

■機器の設定
パナソニックは、本体でちまちまボタンを押しながら、設定する。ボタンが小さく少ないパナソニックのは面倒。fitbitとオムロンはPCで初期設定をしているときにすべてが済むため、ちまちまボタンを押さなくて良い。

■ユーザー登録
パナソニックはやたらと個人情報を聞いてくる。入力必須項目が多い。そして、複数回、似た規約を読ませ、同意を求めてくる。

■オフィシャルアプリ
fitbitはweb(PC用、モバイル用)、iPhoneアプリ、androidアプリが揃っている。ただし、居住地の関係で、日本ではandroidアプリやiPhoneアプリは使えない。
オムロンはweb、androidアプリ。パナソニックはandroidアプリのみ。

日本人的には、オムロンのwebのプレミアムコース(有料)が一番機能豊富で血圧計や体重計と統合した管理ができたり、ゲーミフィケーションも充実している。fitbitはwebが見やすく、ゲーミフィケーションが効果的。パナソニックは残念ながら、androidアプリだけで、特筆する機能は無い。
なお、オムロンのandroidアプリ「ゆるぴかダイエット」は、女性向けオーラが全開で、男性は使いづらい。性別を男性と設定しても、画面下のタブには「生理日」が残っている。自分には一生生理は来ないだけに残念。ゲーミフィケーションもプリンがたまるのは正直理解できない。HJA-311のアプリはこれしかないのかと思っていたが、実は「からだグラフ」も対応していた。シンプルだが自分にはこれの方が良い。
オムロン「ゆるぴかダイエット
オムロン「からだグラフ
パナソニックの「スマートアプリ」は電子レンジや洗濯機のアプリも兼ねているようで、活動量計しか使っていない自分にとっては、どうでもいい機能が満載(使ってもいないが)。正直、押し付けられ感が強く、規約の同意を求められる回数も多いだけに、かなりうんざりした。連携するコンセプトは良いと思うが、少なくとも電子レンジなどを押し付けてくるレシピ集は使わない。
パナソニック「スマートアプリ


■価格
オムロン HJA-311 2,950円
パナソニック EW-NK63 3,387円
fitbit ultra $115(本体$97+送料等$18)、$1=80円換算で9,200円



■総合評価
fitbit ultraとオムロンが良いか。体重計がfitbit ariaを使っているため、今後継続して使うのは、fitbit ultraにする予定

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...