医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2012/12/01

診療報酬制度が変わるかも??  ・・・いや、変わらないかも。

個人のフェイスブック(下の画像にリンクをはってあります)に簡単なコメントを書いたのだが、日本維新の会が公約「骨太2013-2016」にを29日に発表した。


以下、一部を抜粋
医療・福祉の成長産業化(案)
1、診療報酬点数の決定を市場に委ねる制度へ。
2、混合診療の解禁。




これは、誰が中心での「成長」産業なのだろうか。医療者? 保険者? 国民? 国会で議論してくれたら良いポイントなだけに、公約だけで終わってしまうのは勿体無い



医療・福祉の成長とは、医療費・介護費の「増加」を指しているのか?
おそらく、そういった意味は薄く、医療や福祉で成功事例を創出し、日本国内への展開と、さらには海外へ進出することを後押ししたいのだと思う。

1点目。診療報酬点数の決定を市場に委ねる、とは、皆保険制度下の公定価格の決定を市場に委ねるのか(中医協のオープン化、自由市場化)、それとも、各医療機関毎に点数自体の決定権を委ねるのか(診療報酬点数の公定価格廃止や、最高価格制度、値引き制度の導入等)、両者は全く意味が変わってきてしまう。
どちらにしても、日本の医療が根底から変わる可能性があり、良くなるかもしれないし、悪くなるかもしれない。この議論は面白いのではないだろうか。

2点目。混合診療の解禁は、これまでも議論がなされており、主な論点はwikipediaの項目が分かりやすい。また、『「病院」がトヨタを超える日』という北原先生が書いた本も、混合診療のことに触れられているので、読んでみるのもよいと思う。

 

医療・福祉の議論が活発になることは良いことだ。

横一列にずらーっと並んだ党首討論を見て、討論なんてできっこない!と思った。政策、公約を考えている人は、頭の良い人たちなんだろうけど、トップは、椅子取りゲームをしているようにしか見えなかった。

投票日まで、各政党、立候補者の政策・主義主張を見極めなければ。これも、大事な「医療に貢献する」ためのアクションのはずだ。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

情報の非対称性が患者と医者にはあるので医者の言い値で決まるのであれば恐ろしいことになりそうで不安です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...