医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2013/07/01

医療における性善説と性悪説

■なぜ入院診療はDPCという包括払いになっているか?

医者がすべて善人であるならば、診療報酬は出来高で良い。医療の効率化が進み、継続的な医療費抑制とアウトカムの向上が期待できるはずである。


では、なぜ入院診療はDPCという包括払いになっているか?
それは性悪説を基本としているから。包括にしてしまえば、無駄なことをしようとも、それ以上報酬がもらえない。診療報酬を上げようとする姑息な手段は通じない。

こんな内容の話が、先週のDPC評価分科会でなされた。(詳しくは一言一句記載された議事録で見てもらいたい)

医療の効率化のための競争原理とインセンティブを働かせる仕組みがDPCだ・・・なんて教科書的なことを考えていたのでは、この先の医療制度がどう変わるか予測できないのかもしれない。
ちなみに性悪説の話をしているDPC評価分科会の小山座長の顔は不敵な笑みであった。

6/28 DPC評価分科会

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...