医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2013/09/09

あそこの病院に入ったら、生きて出て来られない

そんな噂の立つ病院、どの地域にもあるかもしれない。
死亡場所別 死亡数推移
出所:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth5.html を元に作成
でも、上のグラフのとおり、近年、大半の人は病院で亡くなっている。なので表題の噂は、どこでも不思議がる話ではない。ただ、急性期、回復期、慢性期といった病期で分けて考えなければならないことは当然のことだ。

■亡くなる場所が評価される
看取りの診療報酬上の評価が高まっている。今後は、亡くなるのに適切な病期・病態の患者の最期を看取ることが、診療報酬の評価以上に、地域社会において正当に認識され高い評価を受けるべきだろう。亡くなる病院は悪くないのだ(適切であれば)。

そのためにも、こういった情報、今後、より「見える化」が必要だ。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...