医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2014/07/08

こどもが入院中、兄弟は病院に入れない?

こどもの入院で困ることのひとつが、兄弟姉妹がいるときのその面倒を見ることだ。多くの病院では、こどもは感染防止等の理由で、病棟や病室に入れない。

すると、入院したこどもに付きっきりの親は、別のこどもたちはどこか(祖父母等)に預けておく、片方の親が仕事を休む等の困難がつきまとう。

先日読んだ本がこちら。

チャイルド・ライフ・スペシャリストの藤井さんによる話で、宮城県立こども病院の話が中心になっている。その中に、こどもも含めた家族がいつでも会えるべき、といったことが書かれていた。

てっきり、医療者側の人が「こどもは感染防止のために病棟に入れない」と主張しているのだと思っていたのだが、まさか医療者側の人から、いつでも会えるべき、という話が聞けるとは!?

多少の驚きがあり、さっそく宮城県立こども病院のホームページを見たところ・・・

宮城県立こども病院 - 面会のご案内

確かに二親等以内であれば、こどもでも会える。「未就学児はなるべく短時間に」ということだが、例えば、第二子、第三子が産まれた時に、長子が会いに行くことができる(会うだけなら短時間で十分。通常は会えないことも多い)。

全国のこども病院、面会基準なんて大差ないと思っていたのだが、意外と違うのかもしれない。今度、調査してみたい。

チャイルド・ライフ・スペシャリストについては、以前、下記のブログに書いた。素晴らしい仕事だと思う。前述の本も、その素晴らしさが十分に伝わってくる。ぜひお読みいただきたい。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト ~診療報酬は無くとも、価値があるから仕事を~ - 医療、福祉に貢献するために

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...