医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2015/08/17

「病院を中心とする円内人口の測定方法」に高価なツールは不要です

日頃から統計情報には大変お世話になっている。 厚労省のデータのみならず、様々なデータがe-Statにある。

政府統計の総合窓口 http://www.e-stat.go.jp/

ここにアクセスしない日はないかもというくらいの頻度で使っている。そのe-Statに1月から新しく加わったのが、jStat Mapだ。

総務省|統計GIS機能の強化


jSTAT MAP 分析サンプル(クリックすると拡大)

分析のサンプルはこんな感じ。250mメッシュで人口の多い・少ないをプロットでき、設定地点から車で5分・10分の円(道路や河川などで真円にはならない)などを描くことができる。
こういった分析は、これまで高価なツールを使うことが多かったのだが、ちょっとした分析であれば、これで十分だ。

そう思っていたら、総務省が新公立病院改革ガイドラインを出した時の資料に、これを使って分析してね、とアナウンスしていたとのこと。 ⇒ 準公営企業室関係資料 - 総務省

自分でGISツールを使うことが難しい人であっても、この程度のウェブサービスの利用ならば、簡単な分析なら全く問題ないだろう。一度、使ってみることをおススメする。


余談だが、バックの地図をGoogle Mapだけでなく、国土地理院の地図を選択することもできる(上記サンプルも国土地理院の地図を選んでいる)。

拡大・縮小も自在で便利!と思ったら、こういった地図活用は、すでに携帯アプリとかでも実現していたようだ。昔、うおっちず(地理院地図)というサービスで地図を閲覧していた頃が懐かしい。そう思って、うおっちずにアクセスしたら、うおっちずも自在に縮小・拡大ができるようになっていた。便利になったものだ。

8/18 タイトルの漢字ミス修正、および、分析サンプルへのリンク切れを修正

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...