医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2015/10/27

Virtual Ward(仮想病棟)を用いた介入により、予期しない緊急の再入院が減った話

The effect of a virtual ward program on emergency services utilization and quality of life in frail elderly patients after discharge: a pilot study (CIA-68937-the-effect-of-a-virtual-ward-program-on-emergency-services-u_020315.pdf)

Virtual Wardによる介入群と、介入しない群を比較した結果、介入により予期しない緊急入院が減り、QOLが向上したとのこと。(下記は、Abstractに書いてあるConclusion)
Conclusion: The study results support the effectiveness of the virtual ward service in reducing unplanned emergency medical readmissions and in improving the QOL in frail older patients after discharge.

この論文は香港の事例だ。Virtual Wardの考え方は、地域包括ケアの概念とも親和性が高い。

下記は先日の弊社ブログ

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...