医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2016/09/23

ウェアラブルデバイスを使っても体重が減らない

昨日、facebookで引用したウェアラブルデバイスを用いたダイエットの話題。

Effect of Wearable Technology Combined With a Lifestyle Intervention on Long-term Weight Loss:  The IDEA Randomized Clinical Trial | Sep 20, 2016 | JAMA | JAMA Network



ガーディアン紙などでもニュースになっていたようで、その記事がまた面白い。

Fitness trackers may not aid weight loss, study finds | Technology | The Guardian

Jawboneの広報は、「どっちのグループも、ちゃんとやせたじゃん」ぐらいの強気のコメント。
“In fact, the study demonstrated positive weight loss in both groups. Wearable tech helps to bridge the gap between patients who have access to rather intensive weight loss treatments and the very many who don’t.”
Fitbitの広報は、元の論文でもディスカッションで触れられていた「上腕に巻くタイプの結果でしょ、データ収集に限界あるよ。うちのは手首だから」と正当な返し。
“The researchers point out that a limitation of their work includes the fact that they did not use a modern wearable device such as those offered by Fitbit. The upper arm device used in the study was limited to automatic data collection only.
それに加え、Fitbitとか最近のウェアラブルデバイスは、リアルタイムにデータ収集して、ソーシャルネットワークも活用して、モチベーション向上させたりしてることを説明し、この論文だけでウェアラブルテクノロジー全体の結論とすることに強い懸念を示している。
“Most wearables today, including those offered by Fitbit, go far beyond data collection, offering individuals real-time access to their information, insights, motivation from associated social networks, and guidance about their health. We would strongly caution against any conclusion that these findings apply to the wearable technology category as a whole.”
ガーディアン紙のひきつけるための意図的な見出しはさておき、ニュース記事も一緒に読むことで理解が深まって面白い。

ちなみに、Fitbitのウェアラブルデバイスを身に着けて4年位経つのだが、体重はほぼ変わらない。この論文を読んで、仕方ない、と少しだけ思ってしまったのだが、それは単なる都合のいい解釈だ。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...