医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2017/01/22

先の読めないイカより、医療の先は読める

函館といえばイカ。20歳くらいのとき、初めて見た「イカ踊り」から受けた衝撃は忘れられない。そのくらいイカの街である函館が、どうやら大変なようだ。

イカの記録的不漁 揺れる現場は|NHK NEWS WEB

このニュース。医療に置き換えて考えてみたらどうなるだろうか。

イカ ⇒ 急性期の入院患者
イカ漁業者 ⇒ 急性期病院
イカレストラン ⇒ 医療材料メーカー・卸
イカ加工業者 ⇒ 後方病床・病院

・・・などなど、考えられるかもしれない。

この記事で、加工業者が「脱イカ戦略」として、水産加工から野菜加工に機能転換を図っている。これは、「後方病床・病院の機能転換」になるかもしれない。

イカは突然不漁になったようだが、急性期の入院患者は、突然激減することはない。ただし、10年、20年のスパンでは減少する地域もある。これを見据えた計画の重要性をまとめたのが地域医療構想だ。

昨年、野村證券のヘルスケアノートにて、地域医療構想と漁業の類似性を述べた。ちなみに、そのときはイカではなく、サンマだったのだが。

地域医療構想に関する医療機関の取り組みについて、野村證券ヘルスケアノートに寄稿いたしました | 株式会社メディチュア
このヘルスケアノート、販売やウェブでの公開等はされていないが、どなたでもお近くの野村證券に連絡いただければ、読むことができるので、ご興味があれば、遠慮なく「地域医療構想に関するヘルスケアノートが欲しい」とお問い合わせいただきたい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...