医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2018/01/12

様式1でB項目を推測できるか

CBnewsに看護必要度のB項目の分析に基づく記事を掲載いただいた。

看護必要度B項目の置き換えは長期的な視点で - CBnewsマネジメント 看護必要度B項目の置き換えは長期的な視点で - CBnewsマネジメント

下記の冬休みの宿題で分析をしていたデータから、トピックを切り出したものだ。

CBnewsの記事は、看護必要度のB項目が入院時ADLも含めた様式1の情報からおおよそ推測できるというものだ(特に認知症関連は精度良く評価できそう)。事務負担の軽減、評価負担の軽減を図るためにも、そういった検討は積極的に推進すべきだろう。なお、さらに精度を高めようとするならば、その意味があるかどうかも含め、じっくり検討すべきだ。なぜなら、

評価精度向上≠医療の質の向上

であるから。あくまでも支払いのための評価であり、医療の質とは関係ない。入院時のアセスメントや入院中の見回りの時間を減らしてまで、看護必要度の記録に時間を割くべきではない。

とはいっても、適切な支払いも重要なので、代替評価項目の設定はじっくり検討すべきだろう。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...