医療、福祉に貢献するために

医療、福祉に貢献するために
~ 株式会社メディチュア Blog

2018/09/07

回リハ1と地域包括ケア1、どちらも届出ている病院はあるか?

直近の届出情報から、地域包括ケア病棟入院料(入院管理料も含む)と回復期リハビリテーション病棟入院料の組み合わせ状況を見た。

地域包括ケアと回リハ、両方届出ている病院の組み合わせ割合
(画像をクリックすると拡大します)

回リハ1と地域包括ケア2の組み合わせが最大勢力。ついで、回リハ3と地域包括ケア2、回リハ2と地域包括ケア2、の順だ。

回リハ1と地域包括ケア1の組み合わせは、上のグラフでは左下に位置するが、あまり多くない(全体の1割程度)。

地域の医療提供体制などを踏まえ、最適な入院料が選択されるべきであるため、どちらも最上位を目指すのが良いというわけではない。ただ、どちらも最上位を取得した病院の話を聞けば、結果的にそうなったのではなく、そうなるための仕組み、仕掛けを、改定よりもはるか前から仕込んでいたとのことで、さすがとしか言いようがない。

ちなみに、基となっている情報の話は先日のブログに⇒ 改定後の届出状況のアップデート

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...